抑圧することでエネルギーを増す感情

心理学

よく、感情をコントロールするという言葉を耳にしませんか。

コントロールとは、制御、調節、管制のこと。

私は、感情をあらわにしてはいけないというのは、人前に限ってのことだと思うのです。

例えば、怒り。

人前で怒りまくっている人を見れば、誰もがみっともないと思うでしょう。

そして、悲しみ。

人前で涙している人も、周囲の人に何かしらの不安を与えることになるでしょう。

だから、私の場合には、感情が増幅した時には、基本、一人になります。決して、人とは会いません。

そして、悲しければ、悲しみをじっくり感じる時間を取ります。

怒りなら、たっぷりと怒りの感情に浸ります。

 

そうして、自分の感情から逃げることなく、じっくりと向き合うんです。

向き合っていると、

その感情の出所はどこにあるのか、

どうして湧き上がってくるのか、

が見えてくるんです。

 

そして、感じ切ったころには、感情の増幅が平常状態に収まっているというわけです。

 

最も危険なのは、感情を感じていないふりをしていること。

 

感情って、抑圧するとエネルギーを増大させますから。

 

絶えて絶えて、最後に、火山が噴火する如く爆発。

 

そのパタンだけは、避けたいですよね。


 

「マインドハピネス」カウンセラーの松田です。

目の前にあなたが望む状態を実現する。

それが、もし叶う人生を想像してみてください。

心理カウンセリングは、あなたの心づくりをお手伝いする作業です。

私と一緒に、取り組んでみませんか。

あなたの人生は、あなたの心の在り方次第で変わります。

松田カウンセラーの紹介へ

カウンセリングのお申し込みはこちらから