探査機ハヤブサ:リュウグウのお土産

わたし、空とか見ながらぼーっとするのが好きです。現実から離れて、いろいろ空想(妄想?)したりして・・・。

それこそ、自分が空を飛ぶとか空想して、どんな飛び方がカッコいいかなとか真剣に考えたりします。
10km位上空から下を見たら(飛行機から地上を見た感じにるかと思いますが)人は蟻以下で見えないし、車も建物も超ミニサイズになってるでしょう。自分も自分を取り巻く現実も、ものすごくミニチュアサイズな事に思えてきます。
で、感じるのは、【つまらないことは考えなくていいか!】ということ。
そんなことを感じる間もなく、眼下や上空に広がる雄大な景色に心が圧倒されて
いるかもしれませんが。

 ところで、『探査機ハヤブサが小惑星リュウグウから持ち帰った砂から炭酸水を発見した』というニュースを聞きました。ハヤブサのリュウグウからのお土産は、単に砂だけではないですね、ロマンですね。
【やっぱり宇宙人いるよね】とか【宇宙人ってどんな文明で生きてるのかな】とか、わたしの空想は地球を超えて宇宙にまで広がります(笑)。

よかったら、たまには空や好きなものでも見ながら、ぼーっと空想してみてください。案外楽しいですよ。

 

 

 

 

 

コメント