心のブラックな部分にも気づくことが大事

心理学

心のブラックな部分と聞いて、皆さんはどんなことを考えますか。

いわゆる、

汚い

ずるい

あくどい

そんなイメージの部分です。

 

それは、私にもあります。

すぐできるくせに後回しにしたり、
うまくいかないことに腹を立てたり、
人のことを悪く評価してみたり、
いいかっこうするために言いわけじみた言葉を並べたり、

言葉にすると、様々なブラックな部分を書き出すことができます。

でも、これがわかっているのとわかっていないのとでは大違いなんです。

少なくとも、わたしはこれらの自分自身を自覚していて、最終的にはこの時に生じる感情を正常な方向に修正できるんです。

 

だから、帰着点はいつも、

決して人様のせいにして終わらない
最後は自分で始末をつける
相手の立場を理解する
素のままの自分でいる。

となります。

 

だから、自然に湧き上がる感情を否定する必要はなし。

ただ、それをじっくり感じ入る作業の時間が必要だということだと思うんです。

 

時には、長い年月が必要なこともあるかもしれません。

 

決して自分自身を否定しない。

 

心の器は、こういう繰り返しで、大きくしっかりしたものになると思っています。


 

「マインドハピネス」カウンセラーの松田です。

目の前にあなたが望む状態を実現する。

それが、もし叶う人生を想像してみてください。

心理カウンセリングは、あなたの心づくりをお手伝いする作業です。

私と一緒に、取り組んでみませんか。

あなたの人生は、あなたの心の在り方次第で変わります。

松田カウンセラーの紹介へ

カウンセリングのお申し込みはこちらから

 

コメント