感情と結びついた夢

心理学

感情と夢が連結したお話。

実は、少し前に一つのSNSのメッセージにむらむらと怒りの感情を覚えました。

その源泉は、恩を仇で返されたと感じたからでした。

「あれだけしてやったのに・・・」

正直にそう思いました。

 

そして、そのもやもやを抱えながら寝たその日に見た夢は、なんと・・・。

 

空手の夢。

 

数年前に亡くなった空手の師範の基本練習を受けているんです。

 

その師範の教えの根底は、空手を使ってはならないというもの。

使わぬに越したことはないというもの。

つまり、自らを諫めよということです。

師範は、高段者でありながらも腰が低く、私が模範としてきた方でした。

 

朝起きると、不思議なことなんですが、もやもやした心がスーっと消えていました。

ひょっとしたら、これは、わたしの感情の自己抑制が呼び込んだ夢なのかもしれません。

私も、恥ずかしながら、若いころは、怒りに任せて家の壁に正拳を突き、大穴をあけたものです。

空手道2段になった今では、そんなこともなくなりました。

 

実るほど、首を垂れる稲穂かな。

 

その心を引き出すためには、常に周りへの感謝の気持ちを忘れないことです。

私の心には、師範の教えがずっと刻まれ続けています。

感謝の心と共に・・・。