【がんばった自分に拍手】星川洋子

心理学

「がんばったご自分に拍手♪~。一緒にがんばったみなさんにも拍手~♪」
これは通っていたスポーツジムのスタジオレッスンのインストラクターの〆の言葉。


この言葉を聞いた時、「隣の○○は、あんなに汗かいてがんばったんだな。

私は、大して汗もかいてないし、がんばってなかったのかな」なんて感じた。

ついつい人と比べてしまった。

<事実>
45分の強度の高いプログラムを終えた!

<よく考えると>

がんばったというのは、あくまで自分の主観、それを誰かと比較できないし、そんなの何の意味もない。そもそも 私と○○さんは、年齢・体質・体型・運動神経など違うし、単に汗の量で、がんばったか決められないし。

(私なんて、プログラムについていけなくて冷や汗かくこともあるし(笑)。)

 

<結論>

やっぱり、45分のハードプログラムを怪我なく終えた私は、がんばった!!と思う。

自分に拍手!!!でした。パチパチ👏.

(で、○○さんががんばったか否かは、○○さんが決めることでした)

そうやって考えていくと・・・・、自分が好きで行っているスポーツジムどころの話で

はなく、毎日の生活の場(仕事や勉強)では、必ずしも嬉しいことや楽しいことばかりで

はなくて、ムカつくこと・悲しいこと・辛いこともたくさんある。そんな中を、黙っても、

文句を言っても、怒っても、泣いても、わめいても、なんとかやり過ごしてる。それって、

メチャクチャすごいことだと気付いた。

だから一日の最後に、がんばった自分に盛大な拍手をしよう!!

自分にご褒美あげよう!!

コメント