わくわくはプライスレス!   ほしかわ 洋子

心理学

以前信販会社のTVコマーシャルかな、【~はプライスレス】というのがありましたね。

ところで、昨日の夕方のニュース番組で、第二次世界大戦下での象列車が取り上げられていました。

戦争という非常時で動物園の動物たちが殺処分される中、東山動物園の象を見せるため近隣都市から名古屋へ象列車を走らせたというもの。

象の背中に4人の子供たちが笑顔の記念写真も紹介されてました。

その笑顔の子供の一人、現在82歳の男性がインタビューに答えていて、

【当時僕は、小学3年生でした。象列車に乗る前の日、うれしくて、うれしくて興奮して眠れませんでしたよ。象に乗って驚いたのは、象の背中には剛毛が生えていてそれが薄いズボンの布の上からチクチク痛かったのを覚えてます。】

82歳のおじいさんが、とても懐かしそうに幸せそうにお話しているのが印象的でした。

小学3年生というと8~9歳。ということは、73~74年前の出来事を、こんなに鮮明に記憶してるんですね~。

ほんとにスゴイ。

 

だから思ったんです。

やっぱ記憶に残るような体験をした方がいいなあって。

わくわくするような楽しいこと
がむしゃらに頑張ること
人を本当に好きになること

誰かと真剣に喧嘩すること、悲しいけど失恋すること・・・・

何か心が震えるような体験が、人生の宝なのかなって思いました。

これは本当にプライスレス!!

プライスレスな素敵な夏の思い出作りたいですね~!

コメント