大切にされた喜び

心理学
A light blue cat collar with chrome fastener and bell on a wooden surface.

玄関を開けると、見知らぬ小学生の男の子と女の子が計5名。どうしたのかと思っ

ていると、先頭の男の子が【これっ!あそこに落ちてました。まるちゃんので

すよね?】

男の子の手のひらには、まるの首輪がありました。

まるが散歩の途中どこかにひっかけて落とした(名前も記載していない)首輪を、

わざわざ届けてくれたようです。

お礼のために、まるを抱いて小学生のところにいくと、まるを取り囲んで、皆

口々に

【わーっ!まるちゃんだ!かわいい】

【モフモフ】、

【柔らか~い】、

【目がキラキラしてる!!】

と言いながら、まるを撫ぜたりして、大喜びでした。

この出来事は、私をほっこりさせたし、とても嬉しいことでした。

なぜこんなに嬉しいのかと、考えてみたんですが・・・。

私が大好きなまるを、小学生の子たちも大切にしてくれている、首輪を見てまる

思い浮かべるくらいに好きでいてくれているということが、うれしかったんだと思

いました。なんだか間接的に私自身をも大切にされていると感じたんです。

まるを通して知り合いになった小学生たちとのご縁を、私も大切にしたいなと思い

ます。


 

「マインドハピネス」カウンセラーのほしわかです。

カウセリングで、自分の心の制限に気付いて自由になりませんか?

そうすることで、自分の気持に素直になれますよ。

マインドハピネスのほしかわと一緒に、自分探し、こころを自由にする旅をしませんか?

ほしかわカウンセラーの紹介へ

カウンセリングのお申し込みはこちらから

コメント