その人に合った支援

今日は、もうすぐ22歳になる息子(ダウン症)の

児童精神科受診に行ってきました。

22歳になるのでもう大人です。

他の病院の精神科への紹介状を書いてもらいました。

これまでずっと診てもらってきた先生への今日の相談は、

最近、独り言がひどくなってきたこと。

Dr「この人に合った支援を考えることが基本的な考えではないですか?」

そう言われました。

確かにそうです。”出来ないから、出来るようにする”ではなく

”出来ているところを認めて、そこを活かして支援していく”こと。

「独り言はダメです。」よりも、

「しゃべりません」その方が彼にはつたわりやすいかな。

「家ではいいけど、外ではダメ。」としてきましたが、

それも分かりにくいし、本人にとっては家だけでは窮屈すぎる。

「お仕事中、人が居るところでは、しゃべりません。」

こんな伝え方に変えて、しばらく様子をみようと思います。


 

「マインドハピネス」の尾林です。

もう生きづらさは手放しましょう。

あなたの心に寄り添います。

私と一緒に心の声に耳を傾け、あなたが望む幸せを手に入れませんか。

尾林カウンセラーの紹介へ

カウンセリングのお申し込みはこちらから

コメント